RISE Japan COO Mayumi先生 Blog 国際教育ーオランダ Vol1 ブログ(共通)


みなさん、お元気ですか?RISE Japan COO (Chief Operations Officer)のMayumiです。

RISEに新しく入会された方は私の顔もご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

今年の夏からオランダに住まいを移しました。オランダは子供の幸福度が高い国として、様々なメディアで取り上げられています。

幸福度が高い理由は、私自身が実際にこの国へ来て、現地校へ子ども達を就学させて感じたことを綴って行きたいと思います。

移民が多いオランダでは、オランダ語を理解できる人とそうではない人とが共存しています。初等教育では「Ready to Start」と呼ばれる言語面に不利な点がある子どもを対象にしたプログラムが行われています。

私の息子は日本で生まれてインターナショナルプリスクールを卒園し、日本の公立小学校で12歳まで育ち、13歳になる年にオランダに渡りました。息子がオランダに来て初めて通った学校は「ISK」と呼ばれる移民の子供達がオランダ語を一から学ぶことのできるクラスが用意されている学校です。

ISKでは本当に様々な理由で移住してきた移民の子供達が沢山います。クラスの年齢も二、三歳離れた年齢の子供達が最初は一緒に学び、オランダ語の学習がある程度定着してくると今度は年齢によるクラス分けとなります。オランダ語の授業だけではなく、音楽や美術、調理、体育などの科目があります。

様々な国の子どもたちとのクラスの中で、自分が何者であるか、自分のルーツはどこにあるかという事がとても浮き彫りになります。日本について興味のある生徒がいっぱいのようで、息子も連日日本について色々質問されると言っていました。

そんな移民の子どもたちの共通語は基本的には「英語」がメインのようで、先生も授業でわからないことがあれば「英語」で説明をしてくれます。

オランダでは殆どの国民が英語を話せます。EC(欧州委員会)のデータによると、なんと15歳以上のオランダ国民の94%がバイリンガルで、77%が3ヵ国語話者、4ヵ国語以上の話者も37%存在するというのです。オランダ人は、ネイティブ以外で、世界一英語が上手な国民と言われています。

オランダでは教育の自由が法律で保障されている為、日本のような統一されたカリキュラムはなく、学校や教師陣が好きなように教えていいのです。
そんな早期英語教育に力を入れているオランダですが、特徴的なポイントはRISE JAPANと同じコンセプト「とにかく楽しく」英語を教えていること

英文法などを中心に教えるというより、英語のポップソングを一緒に歌ったり、大きな声で音読してみたり、シャドーイングをしたり。子どもにとって英語教育は勉強という概念ではなくRISEでもやっているように「楽しく身に着ける」、ということを大切にしています。

授業はオランダ語で行われますが、母国語であるオランダ語と英語両方を使ったイマージョン教育を推進する公立学校も多く存在します。

そのようなバイリンガル小学校では、英語を30%50%使用し、中学校では少なくとも50%の授業が英語で行われます。例えば地理、歴史、物理といった科目を完全に英語で行います。

また大学についてもオランダは多くの授業をすべて英語で行っているようです。

大きな理由1つは、
オランダは人口約1,700万人なので、多くの高等教育機関は、留学生を受け入れることで生徒数確保をしているという点です。
結果として、国内では母国語のオランダ語を軽視しすぎではという批判も出るほど、オランダ国内での英語のパワーはとっても大きいものです。

オランダで生活していて英語が通じない所はどこもありませんし、おじさんもおばさんも、お子さんもみなさん英語で聞くと必ずと言っていいほど英語で答えてくれます。

Tags: