カリキュラムの特徴


RISE Immersive Subject-based English

RISE のプログラムでは英語をサブジェクト(科目)ベースで学びます。
そして、すべてのプログラムは子供たちがそれに “集中” し “没頭” できるように設計された「英語イマージョンプログラム」です。
世界の教育会社をリードする RISE Global が持つ米国公教育で実際に使用されているカリキュラムをベースとしたプログラムを子供たちに提供します。

子供達はRISEで何を学ぶの?

カリキュラムの基盤

ホートン・ミフリン・ハーコート(教育教材出版社 、以下HMH)

HMH_logo_ver2

アメリカ ボストンに本社を置くHMHグループは、幼稚園から高校3年生(K to 12)までをカバーする世界で最も大きく力のある教育出版会社です。
HMHグループを起源とするRISE Globalは、教育におけるマーケットリーダーとして様々なイノベーションを起こしてきました。
RISE Globalはその教材を基盤とし、革新的な技術を持って、高い成果を残すことが証明された教育学を活用し、突出した成果を生み出す教育を提供し続けています。

RISE Globalは毎年、教育における環境変化に応じたコンテンツ開発の為、定期的且つ継続的に投資を行います。
教育学に従事するエキスパートの方々と共に、グローバル基準での先進的な教材コンテンツ開発を、積極的に行っています。

-RISEで学んで6ヶ月後-

RISEで学んで6ヶ月。
英語で話す子供達の自信と彼らの成長の様子をご覧ください。

Multiple Intelligence Theory(マルチ・インテリジェンス・セオリー)

RISE プログラムは、すべての子供たちは同じではないことを前提とした、独自の Mulutiple Intelligence Theory に基づいています。 それぞれのレッスンには同じ学習をカバーした多様なアクティビティが存在しています。

  • リーディング
  • チームでのプロジェクト活動
  • 対話型ワークブック
  • ロールプレイング
  • 歌、ダンス
  • プレゼンテーション

など

異なる多様なアクティビティを用いることで、クラス全体の学習目的の理解度が飛躍的に高まります。これらの多様なアクティビティはすべての教師が使える標準化されたレッスンプランとティーチャートレーニングプログラムの根幹に組み込まれています。

multiple